ごあいさつ

  平素は、議会活動全般にわたりご理解、ご指導賜り厚く御礼申し上げます。
 2013年6月より翌年5月の一年間、市議会議長を歴任させていただきました。この間、台風18号(2013年9月)の大雨により安養寺山の土砂災害や金勝川の氾濫、その他多くの災害が発生しました。特に尊い市民の人命が失われたことに胸が痛みました。野村市長を先頭に復旧・復興に向け、議会も一緒になって取り組んで参りました。
 こうした困難の中にも、栗東市の財政は健全化に向け着実に前進しており、平成27年度予算では災害復旧の完了を目指すとともに、明るさを実感していただける施策も含まれています。3月定例会に於いて審査の後、報告いたします。
 今後、地方分権が進められ事務事業が増えるところにおいて、財政の健全化を推進しながら市民福祉の新しい需要に応えるためには、庁内で創意工夫を凝らすとともに、近隣他市との広域連携による事業の合理化を推進し、コスト削減を図ることが重要であると考えます。
 政策の実現をめざし、日々前進を胸に活動して参りますので今後ともご理解賜り、ご指導・ご鞭撻よろしくお願いいたします。

けいじんは、このようなことを目指しています!

元気創造の子育て教育
○幼児〜小学校低学年(3〜9才)までの間における、規範意識を高めるための一貫教育 
○ハードとソフトの両面において学びやすい環境を整備し、基礎学力の向上をはかる
○地域の文化や歴史を学び、地域への愛着を育む教育
○子育て支援による出生率の高いまちづくり
創意工夫による経済活性化
○民間活力を原動力とした創意工夫による経済活性化
○新しい公共(民間ボランティア、NPO等)への積極的な支援
○企業誘致による雇用・経済の活性化
時代のニーズにマッチした社会福祉
○今の時代に合った適切な福祉制度の確立
○高齢者のインフルエンザ予防接種費用の低減
○就学前児童の医療費無料化
安全でやさしいまちづくり
栗東駅周辺を中心としたバリアフリー化・エレベーターの設置
高齢者・幼児・障がい者にやさしいまちづくり
被害を最小限に抑えるための予防防災に基づく、訓練の実施・施設の充実
自然・文化を尊重したまちづくり
○次世代へ引き継ぐための金勝山を中心とした自然環境の維持管理
○歴史的文化遺産と調和のとれたまちづくり、景観づくり
近隣市との広域連携
○広域行政の連携を強化し、住民サービスの向上をはかる
○道路をはじめとした広域インフラの環境整備

 

CONTENTS